最新の記事

test (08/17)  test (03/22)  こうしん (02/12)  たつあっきーの白熱教室&功利会計基準審議会@ニコ生 立ち上げ! (12/17)  更新 (12/12)  てsてs (10/09)  てs (08/29)  移植 (07/20)  【ヒュームの法則】 (04/28)  自然主義的誤謬 (04/28) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

カテゴリ:[スポンサー広告]
  1. 名前: utilitackey --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

  1. 名前: utilitackey ◆8WB1YSfE 2011/04/16(土) 09:21:55 URL [ 編集 ]
    薬中さんの※が興味深いのでまとめさせてもらった
  2. 名前: utilitackey ◆8WB1YSfE 2011/04/16(土) 10:13:30 URL [ 編集 ]
    時間を絡めて考えることで
    量子テレポーテーションと哲学の関係が見えてくるかもと思った
  3. 名前: 自殺仏 ◆- 2011/04/18(月) 09:21:19 URL [ 編集 ]
    そもそも時間って何なんでしょうね?

    俺は時間ってイメージすると時計の文字盤を連想しますが、
    実際は物理空間ではエントロピーが増大しているという認識が正しいのでしょうか?

    なら今回のはエントロピーを変化させずに認識できることに近づいたってことでしょか?

    なら今回のは時間を止めて観測出来るってことなんでしょうか?
    もし肉眼で時間の止まった世界が観れるとしたら、どんな風に見えるんでしょうね?きっと普段とは違うと思うんですが…


    独我論は間違いだったと言えるのでしょうか?
    しかしマクロの世界でも重ね合わせの状態があると言えるのなら、
    自分=時間
    とすると、独我論は成り立ちますよね?

    う~ん…よくわからない…
  4. 名前: ほうのすけ ◆- 2011/04/22(金) 01:16:36 URL [ 編集 ]
    時間とはグラフの軸みたいなものではないでしょうか?

    現在、宇宙は26次元といわれております。その26次元でとらえたもののみが本当の物質の本質ですが、残念ながら人間は26次元まで理解できません。だから人間は26次元を4次元に落とし込み、時間軸に当てはめててやっと理解してるのではないかと。

    それはGPSの座標軸みたいなもので、地球の位置を測るには必要不可欠だが、宇宙の位置を測ることはできないし、一度GPSの座標でのみ表記してしまったら、ひび動いている宇宙軸には不可逆みたいな
  5. 名前: utilitackey ◆8WB1YSfE 2011/04/22(金) 02:18:11 URL [ 編集 ]
    >>5
    ほー今は26次元ですか…
    僕が昔見たNHKかなんかの番組では12次元かもとか言ってました
    それでも多すぎだろって言われてた
    増えましたねー(^_^;)
    やっぱり超統一理論をつくるためにそうなったんですかね?
    (答えるのめんどかったらググれといってくれ)

    時間についてはなんとも僕にはわからないね(´・ω・`)
  6. 名前: 自殺仏 ◆JalddpaA 2011/04/22(金) 02:45:51 URL [ 編集 ]
    >>5
    俺も、人は時間・空間を介してでしか物事を認識できない。
    時間は不可逆的である。
    と思います

    時間をグラフの軸だとすると、方向と速さはどうなるんでしょうか?
    時間は過去から未来に進むのか、未来から過去に進むのか
    時間の進む速さは一定なのか?違うのなら速さを決める要因は何なのか

    俺は原子時計とか、時間の定義を説明されてもそれは人間が便宜上決めたことだから納得できなくて…

    時間の経過をエントロピーの拡散だとすると物の「動き」が無ければ、時間もないのか

    ヒモが振動すれば素粒子、振動しなければ真空、なのであれば
    真空状態は時間という概念もないのか…

    無から有が産まれる。真空状態から勝手に素粒子が発生すると言われますが、その場合素粒子が発生した時から時間も進みだすのか?…


    う~ん…何もわからないです…
    何が分からないかさえ分からないです…w
  7. 名前: 自殺仏 ◆JalddpaA 2011/04/22(金) 02:51:25 URL [ 編集 ]
    そういや、3次元は2次元のホログラフィーの可能性があるって
    ホーキングが言ってましたよ
  8. 名前: 自殺仏 ◆JalddpaA 2011/04/22(金) 02:55:44 URL [ 編集 ]
    >>6
    26次元ってのは超ひも理論に整合性を持たせようとすると
    そうなるってだけで
    今はもっと少ない次元でできると思いますよ…?

    何にもしらない俺が知ったか してごめんなさいw

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

東大、シュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーションに成功

カテゴリ:[ニュース]
  1. 名前: utilitackey 2011/04/16(土) 05:01:09
    シュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーションに成功



    1.発表者:古澤 明(東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 教授)


    2.発表概要:量子力学の黎明期に提案された二大パラドックスである、シュレーディンガーの猫とアインシュタイン・ポドロスキー・ローゼン(EPR)のパラドックスをテーブルトップで同時に実現し、それらを組み合わせてシュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーションに成功した。


    3.発表内容:量子力学は黎明期に、その根幹を揺るがすいくつかのパラドックスが提案された。中でもシュレーディンガーの猫とアインシュタイン・ポドロスキー・ローゼン(EPR)のパラドックスは最も有名である。シュレーディンガーの猫とは、人間が直接見ることのできる巨視的なもの=猫が重ね合わせの状態になるのか、というパラドックスであり、EPRのパラドックスとは、量子もつれ状態(注1)にある2つの量子対は、空間的に離れていても片方の測定の影響がもう片方に及ぶのか、というものである。
     これらは20世紀初頭の量子力学黎明期には頭の中で行う思考実験であったが、21世紀のテクノロジーにより、テーブルトップで同時に検証できるようになった。その具体的なかたちが、今回成功したシュレーディンガー猫状態光パルスの量子テレポーテーション(注2)である。
     シュレーディンガーの猫とは、生きた猫と死んだ猫の重ね合わせの状態であり、観測すると生きた猫か死んだ猫のどちらかになる。本実験では、これを位相が反転した光の波動の重ね合わせとして実現した。また、量子テレポーテーションでは、量子もつれ状態にある2つの光ビームを生成し、片方への測定がもう片方へ及ぶことを用いて、シュレーディンガーの猫状態にある光パルスを伝送した。つまり、重ね合わせの状態を保って伝送に成功した。
     ここで重要なことは、シュレーディンガーの猫状態はそれを直接測定すると生きた猫か死んだ猫になってしまい、重ね合わせの性質が失われてしまうが、量子テレポーテーションでは、送信者側の測定が間接測定になるため、重ね合わせの性質を失わずに送ることができる。つまり、量子テレポーテーションは、測定により壊れてしまう重ね合わせ状態を送れる唯一の方法であり、今回、これを目に見える形で実現に成功したことになる。
     この成果は、量子力学基礎の検証という意味ばかりでなく、量子情報通信・量子コンピューター実現に向けた大きな一歩である。特に、超大容量光通信への極めて重要な一歩である。


    4.発表雑誌:「Science」(4月15日号)
     論文タイトル:Teleportation of Non-Classical Wave-Packets of Light
     著者:Noriyuki Lee, Hugo Benichi, Yuishi Takeno, Shuntaro Takeda, James Webb, Elanor
         Huntington, and Akira Furusawa


    6.用語解説:
     (注1)量子力学では1つの量子で1つの物理量のみ正確に決めることができ、2つの量子では2つの物理量を正確に決めることができる。2つの量子が量子もつれ状態にあるとは、2つの量子にまたがった物理量(例えば2つの量子の位置の差)が2つ決まっている状況である。したがって、量子力学に反することはないが、片方の測定の影響がもう片方に及ぶことになる。

     (注2)量子テレポーテーションとは、量子もつれ状態にある2つの量子を情報の送り手と受け手で1つずつ持ち、送り手側で送りたい状態にある量子と、量子もつれ状態にある量子の片方を合わせて測定し(例えば2つの量子の位置の差)、その測定の影響が受け手にあるもう片方に及ぶことを用いて、送りたい状態を受け手側に出現させる量子操作である。
     量子テレポーテーションは、量子操作としては恒等変換(1を掛ける)に相当し、これを改造する(プログラムする)ことにより、種々の計算を行える量子コンピューターになる。


    引用元:http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=278518&lindID=4

    量子力学のパラドックス「シュレーディンガーの猫」を実証することに成功したそうです
    シュレーディンガーの猫状態は実際にあると実験によって確かめられたということで
    量子力学の基礎理論の正しさを実証したことになるんだと思います…多分



    以下、http://alfalfalfa.com/archives/3001468.htmlより





    量子力学の世界観(コペンハーゲン解釈の場合)

    1024 学名ナナシ : 2011年04月16日 05:33  *この発言に返信
    (`・ω・´)「観測されるまで量子は重ね合わせ状態にある。どんな状態にあるかは観測によって決定されるのだ!」というのが量子力学の基礎理論。
     観測者  量子
    ( -д-)zzZ ○◎
    ( ・д・)!!  ◎
    ( -д-)パチッ ○◎
    (;-д・)チラッ  ◎

    それに異議を唱えた者がいた。
    (´・ω・`)「そんなの絶対おかしいよ。重ね合わせなんて、あるわけない。例えば、量子の位置によって毒ガスが発生される装置と猫を一緒に箱の中に閉じ込めるとする。そちらさんの理論では、箱の中の量子は観測されるまで複数の場所に同時に存在しているのだよね?じゃあ猫はどうなのよ?生きている猫と死んでいる猫が箱の中に同時に存在してるの?」

    ( ・`д・´)「ぐぬぬ」

    これが後に語り継がれることとなるシュレディンガーの猫のパラドックスである。


    1032 学名ナナシ : 2011年04月16日 05:48  *この発言に返信
    要するに、ミクロの量子世界とマクロ世界じゃ統一的な理論が確立してないんだが、
    不確定性が支配しているミクロが、ニュートン力学みたいに一見決定論で説明できそうなマクロに影響与えうるのかという問題。

    ちなみに量子論は人間の常識じゃ理解できないようなミクロ世界の漁師の挙動を扱う





    今回、実証されたことは何か

    1082 学名ナナシ : 2011年04月16日 08:19  *この発言に返信
    ミクロの世界では重ね合わせの状態になっているが
    マクロの世界では状態が唯一に定まっていることについて
    なぜそうなっているのかは未だに解決されていない


    >>1082
    そうなのか?
    シュレディンガーの猫状態を実証したってことは
    マクロの世界でも重ねあわせの状態があることを実証したってことじゃないのか?

    もちろんそれが観測によってなぜ確定(収縮)するか(コペンハーゲン解釈)
    あるいはなぜこの世界にきたのか(多世界解釈)
    それはわからないんだが






    哲学との関係

    1021 薬中 : 2011年04月16日 05:30  *この発言に返信
    解りやすく哲学でいえば
    いままでは主観も客観も我々が認識的な状態、即ち認識するものと認識されるものとしてしかないという概念だったが

    今回の結果で認識する手前の非認識的な状態、即ち我々の意識外の完全な客観、認識の根元形式の外側があることが証明されたってことだわな。

    すげぇわ


    1060 utilitackey : 2011年04月16日 07:16  *この発言に返信
    >>1021
    たしかにそういうことになりそう
    シュレディンガーの猫状態のそれは認識するまえに存在しているといえる

    この実験で実際にシュレディンガーの猫状態があることを実証できたわけだから
    認識するまえに存在しているもの(状態)があることが「実証」されたことになる

    人間が認識することで世界が定まるとみれば、コペンハーゲン解釈
    認識する人間にもこれを当て嵌めるなら、多世界解釈(エヴァレット解釈)
    そのどちらかが正しいということが「実証」された

    世界(あるいは認識されていない世界)は確率の重ね合せとして確かにあり、
    唯識論は誤りだったということになる…のか?



    1062 薬中 : 2011年04月16日 07:24  *この発言に返信
    >1060

    "認識"に時間の概念をのせればいいと思うわ。
    即ち、認識の手前では時間という形式が無くなると。


    1047 薬中 : 2011年04月16日 06:40  *この発言に返信
    あるorない(猫が生きてるか死んでいるか)というのは内在的認識であってただの"現象"に過ぎない。
    どっちかわからない、箱を開けていない状態こそが"本質"である。

    そして、"現象"は時間という形式のなかで展開されてるにすぎないと証明された。
    と同時に、今までは時間の制限下である"現象"しか認識できなかったが、今回"本質"をダイレクトに認識する方法が証明された。

    将来的にもっと簡単に"本質"を認識できる装置が作れるようになれば、それは今までの時間の形式に制限される"現象の認識"とは違い、つまり時間から解放されるわけであり、即ちテレポテーションという概念になるわな。


    utilitackey
    >1047
    なるほど、ここで時間が関わってるんだね
    俺には時間をどう考えたらいいのかよくわからん

    人間が持ってるのは時間感覚というひとつのクオリアだ
    世界には時間は「ある」のか…
    みたいな感じで考えてるんだけど



    1090 薬中 : 2011年04月16日 08:36  *この発言に返信
    本来の量子力学では時間の影響など受けていないはずだ。しかし、今までは時間の影響を受けている量子しか認識できていなかった。
    なぜならば、人間が時間の中に存在しているからである。故に我々人間が認識すると強制的に時間の影響が発動していたのである。


    つまり、これからは時間の影響を受けずに認識する事が可能になったわけだ。言い換えるなら、量子の瞬間移動が可能になったと言える。



    >1090
    なるほど
    すげーわかりやすい
    けど完全にコペンハーゲン解釈を前提にしてるよね
    もちろんそれは間違いではないんだけど
    多世界解釈を前提にしても間違いじゃない
    どっちが正しいかわからないんだから

    多世界解釈を前提にすれば…
    世界は時間の影響など受けていない(世界に時間はない)
    人間が時間を感じているだけだ
    みたいな感じになるのかな






    多世界解釈(エヴァレット解釈)は間違い?

    コペンハーゲン解釈…重なりあった状態が観測によって確定する
    多世界解釈(エヴァレット解釈)…重なりあった状態を観測者にまで当て嵌める

    1068 薬中 : 2011年04月16日 07:50  *この発言に返信
    パラレルワールドって愚民がほざいてるが、ちゃんちゃらおかしいわな。

    重ね合わせの状態は"本質"、生きてるは現象であり死んでるも現象である。
    そして、2つの現象が同時に存在するわけではなく、"本質(重ね合わせ)"を時間というメガネを通して見たら初めてどちらかの状態になるって話。

    つまり「本質→現象」という、本質ありきの話なわけで

    パラレルwwwとか言ってる愚民の概念は
    「現象→本質」という、現象から本質を語るという愚かさ。もはや中卒レベル。

    ここまで程度が低いと、もはや米欄への暴力だわ


    utilitackey
    >1068
    パラレルワールド…要するに多世界解釈は今回の件と関わりがあると思うよ
    シュレディンガーの猫状態を観測者にまであてはめて考えたら多世界解釈だ
    量子力学は
    認識によって確定するという見方(コペンハーゲン解釈)で語られることが多いが
    多世界解釈を否定してるわけじゃない
    どっちかわからんから、計算しやすいコペンハーゲン解釈でいくといってるだけだ



    1111 薬中 : 2011年04月16日 09:34  *この発言に返信
    多世界なんて解釈は問題をすり替えてるだけ


    猫の生死は、時間の影響を受けた現象である。

    例え箱を開ける前であろうと、猫が生きてるか死んでるかを問題にするならその時点で時間の影響を受けた認識なわけで、もう"シュレーディンガーの猫"といわれる、いわゆる"重ね合わせた状態"の認識では無くなる。
    即ちその時点で量子力学ではなくただの確率に変化してる。
    故に、多世界なんかあり得ないわ。


    量子基準の「本質→現象」の認識じゃなく、人間基準の「現象→本質」の認識にすり変わってるって話。



    スポンサーサイト

    コメントを書き込む コメントを読む(8) トラックバック(0) [ニュース]

コメント

  1. 名前: utilitackey ◆8WB1YSfE 2011/04/16(土) 09:21:55 URL [ 編集 ]
    薬中さんの※が興味深いのでまとめさせてもらった
  2. 名前: utilitackey ◆8WB1YSfE 2011/04/16(土) 10:13:30 URL [ 編集 ]
    時間を絡めて考えることで
    量子テレポーテーションと哲学の関係が見えてくるかもと思った
  3. 名前: 自殺仏 ◆- 2011/04/18(月) 09:21:19 URL [ 編集 ]
    そもそも時間って何なんでしょうね?

    俺は時間ってイメージすると時計の文字盤を連想しますが、
    実際は物理空間ではエントロピーが増大しているという認識が正しいのでしょうか?

    なら今回のはエントロピーを変化させずに認識できることに近づいたってことでしょか?

    なら今回のは時間を止めて観測出来るってことなんでしょうか?
    もし肉眼で時間の止まった世界が観れるとしたら、どんな風に見えるんでしょうね?きっと普段とは違うと思うんですが…


    独我論は間違いだったと言えるのでしょうか?
    しかしマクロの世界でも重ね合わせの状態があると言えるのなら、
    自分=時間
    とすると、独我論は成り立ちますよね?

    う~ん…よくわからない…
  4. 名前: ほうのすけ ◆- 2011/04/22(金) 01:16:36 URL [ 編集 ]
    時間とはグラフの軸みたいなものではないでしょうか?

    現在、宇宙は26次元といわれております。その26次元でとらえたもののみが本当の物質の本質ですが、残念ながら人間は26次元まで理解できません。だから人間は26次元を4次元に落とし込み、時間軸に当てはめててやっと理解してるのではないかと。

    それはGPSの座標軸みたいなもので、地球の位置を測るには必要不可欠だが、宇宙の位置を測ることはできないし、一度GPSの座標でのみ表記してしまったら、ひび動いている宇宙軸には不可逆みたいな
  5. 名前: utilitackey ◆8WB1YSfE 2011/04/22(金) 02:18:11 URL [ 編集 ]
    >>5
    ほー今は26次元ですか…
    僕が昔見たNHKかなんかの番組では12次元かもとか言ってました
    それでも多すぎだろって言われてた
    増えましたねー(^_^;)
    やっぱり超統一理論をつくるためにそうなったんですかね?
    (答えるのめんどかったらググれといってくれ)

    時間についてはなんとも僕にはわからないね(´・ω・`)
  6. 名前: 自殺仏 ◆JalddpaA 2011/04/22(金) 02:45:51 URL [ 編集 ]
    >>5
    俺も、人は時間・空間を介してでしか物事を認識できない。
    時間は不可逆的である。
    と思います

    時間をグラフの軸だとすると、方向と速さはどうなるんでしょうか?
    時間は過去から未来に進むのか、未来から過去に進むのか
    時間の進む速さは一定なのか?違うのなら速さを決める要因は何なのか

    俺は原子時計とか、時間の定義を説明されてもそれは人間が便宜上決めたことだから納得できなくて…

    時間の経過をエントロピーの拡散だとすると物の「動き」が無ければ、時間もないのか

    ヒモが振動すれば素粒子、振動しなければ真空、なのであれば
    真空状態は時間という概念もないのか…

    無から有が産まれる。真空状態から勝手に素粒子が発生すると言われますが、その場合素粒子が発生した時から時間も進みだすのか?…


    う~ん…何もわからないです…
    何が分からないかさえ分からないです…w
  7. 名前: 自殺仏 ◆JalddpaA 2011/04/22(金) 02:51:25 URL [ 編集 ]
    そういや、3次元は2次元のホログラフィーの可能性があるって
    ホーキングが言ってましたよ
  8. 名前: 自殺仏 ◆JalddpaA 2011/04/22(金) 02:55:44 URL [ 編集 ]
    >>6
    26次元ってのは超ひも理論に整合性を持たせようとすると
    そうなるってだけで
    今はもっと少ない次元でできると思いますよ…?

    何にもしらない俺が知ったか してごめんなさいw

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント

応用倫理のサイトマップ(09/15) cdvloren.it/cdv loren/list.html 応用倫理のサイトマップ(09/15) Hogan Outlet 応用倫理のサイトマップ(09/15) Hogan 2013 ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/15) exteryCrineve 応用倫理のサイトマップ(09/15) Duvetica spaccio オートアイコン(ベンサムのミイラ)(09/14) beaursebeence 応用倫理のサイトマップ(09/14) ¥Ç¥å¥Ù¥Æ¥£¥«¹«Ê½ 【自殺(安楽死)に対する倫理的評価】(09/14) USA 応用倫理のサイトマップ(09/14) Duvetica ´óÚæ ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/14) exteryCrineve 応用倫理のサイトマップ(09/14) Barbour Coats マウスでの幸福最大化実験(09/14) セイコー クォーツ 応用倫理のサイトマップ(09/14) michaelmichaelkorsoutletonline.tumblr.com 応用倫理のサイトマップ(09/14) Cheap Ralph Lauren ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/14) carpinteyrowqz 応用倫理のサイトマップ(09/14) Michael Kors Online Outlet ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/14) zamwchqslag ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/14) pgwygfulttx ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/14) zoezrnfok ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/14) yxdngtkjjz ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/14) dusirldna 応用倫理のサイトマップ(09/14) Barbour Jacket Sale 応用倫理のサイトマップ(09/14) Ralph Lauren Outlet UK ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/14) ルイヴィトン グラフィット 応用倫理のサイトマップ(09/14) Michael Kors Outlet 応用倫理のサイトマップ(09/14) Barbour International ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/14) LOUIS VUITTON モノグラム ★幸福最大化装置(経験機械・快楽機械)について雑談する★(09/14) グッチ 腕時計 応用倫理のサイトマップ(09/14) Ralph Lauren Polo 応用倫理のサイトマップ(09/14) Mens Barbour Jackets 

最近のトラックバック

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。